私的おすすめアニメ紹介ぶろぐ

おうちでまったりしたい時に見るブログ

ブラック・ブレット 崩壊したこの世界。真の敵は誰なのかー。

f:id:kagomeblog:20200210140031p:plain

引用©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会




こんにちは(#^.^#)

 

今回はおすすめアクションアニメ「ブラック・ブレット」のご紹介と感想をお伝えしたいと思います。

 

作品紹介

原作は電撃文庫さんから2011年7月から刊行されたライトノベルで、現在7巻まで出ているんですけど、累計発行部数が95万部超の人気ラノベとなっています。残念ながら8巻については作者の神崎紫電さんの体調不良により現在も発売予定がない状態になっています。そして、アニメ版のほうは2014年4月に放送されたアニメで、原作の4巻ぐらいの話が放送されました。

現在(2020年2月時点)ではU-NEXTさんなどの配信サイトで観ることができますよ。(#^.^#)

 

 

今すぐ見たい方はこちらから

 

 

 監督は小島正幸氏、シリーズ構成は「僕は友達が少ない」や「境界線上のホライゾン」なども担当していた浦畑達彦氏が担当しています。
アニメーション制作はキネマシトラス×オレンジで制作されています。

 

OP曲
fripSide 「black bullet
ED曲
やなぎなぎ 「トコハナ
やなぎなぎ 「忘れない為に」

 

主題歌のfripSideさんは「とある科学の超電磁砲」の主題歌なども歌っています。
いい曲が多くって大好きなアーティストさんです。(#^.^#)
ここで使われている楽曲もとても好きなので、ページの後ろに動画をおいておきますね。是非聴いてください。(#^.^#)

 

ストーリーと感想

突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。この生物のケタ外れの再生能力と彼らによる侵攻により人類は国土の大半を失ってしまいます。

 

人類は彼らが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた狭いエリアの中でガストレアに怯えながら暮らしています。

 

主人公の「里見 蓮太郎(さとみ れんたろう)」(CV:梶 裕貴)は、ガストレアと戦うためのスペシャリスト集団「民間警備会社」のひとつ天童民間警備会社に所属する高校生。任務においては40口径拳銃と天童式戦闘術を武器に戦います。

 

f:id:kagomeblog:20200225143502j:plain

引用©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会

 

そして、その相棒の少女、「藍原 延珠(あいはらえんじゅ)」(CV:日高 里菜)にとっては保護者的な存在。

 

延珠は連太郎との関係を相棒にして自称「ふぃあんせ。」と言い、口調も態度も偉そうにしている天真爛漫な10歳の少女。

 

どうしてまだ10歳の少女がそんな危険な任務についているのかと言いますと、彼女は敵であるガストレアウィルスを体に宿しているんですよね。

 

その中でもウサギ因子というウィルスを宿しておりモデル・ラビットのイニシエーターとして、驚異的な跳躍力と脚力で繰り出す蹴り技を武器に戦っているんです。

 

要は常人の能力をはるかに超えた力を持ってるってことですね。

f:id:kagomeblog:20200225143350j:plain

引用©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会

 

そして、天童民間警備会社の社長
(てんどう きさら)」(CV:堀江 由衣)。彼女もまた「殺人刀・雪影」を振るう天皇式抜刀術免許皆伝の達人なのです。

 

f:id:kagomeblog:20200225143743j:plain

引用©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会

 

また、木更は連太郎の想い人にして、幼い頃の連太郎を知るひとりでもあります。

 

連太郎は過去、木更を助けるため、右腕、右脚、左目を失う重賞を負い、室戸菫の執刀により機械化兵士として生きることになりました。

 

こんなメンツで東京を壊滅に追い込もうとするガストレアや暗躍する企みと戦う事になるんですけど、基本的には蓮太郎のようなプロモーターと延珠のような幼女のイニシエーターがコンビを組んで戦うことになります。

 

そして、その戦う相手というのが、

 

 

ガストレアだけじゃないんですよね

 

 

最初にも述べましたが、この世界ではモノリスという狭いところで人びとは暮らしていて、今や世界はガストレアのものといってもいいような状態。

 

そんなガストレアに世界を奪われた人々は当然ですが、心からガストレアを憎んでいるんです。

 

しかし、そんなガストレアに対抗するには

 

ガストレアウィルスに感染した少女たちの力を借りなければなりません。

 

 

そんなことは分かっていても、ガストレアウゥルスに感染した少女たちを差別し、蔑む人々を目にする延珠は

 

 

「わたしは、いったい誰のために戦っているんだろう。」

 

 

と、自問することに。

 

さらには、そんな世界を征服しようと企む者たちまで現れて、もうなんだかほんと人間ってなんだろう(ノω;)と考えさせられちゃいます。

 

でもそれでも、そんな混沌とする世界でも

 

自分を信じ、仲間を信じ、世界を守るため、人々を守るため戦う彼らの姿には本当に感動させられました!

 

 1話目見た感じでは、幼女とセットで戦うので、バトル系萌えアニメなんだなと思っていましたが、話を進めていくと単なる萌えアニメでは終わらない、深くてシリアスな展開があって、すごく面白い作品だと感じました。

 

是非ともアニメの続きを見たいのですが、原作が休止状態なのが残念でなりません。
なんとか体調を戻していただいて続きを書いていただきたいなと思っています。(#^.^#)

 

 

いかがでしたか?

少しダークな感じのする作品ですがとってもいい作品なんです。
まだ見ていない方は、この機会にぜひ見てくださいね。(#^.^#)おすすめです!

 

 

最後に、個人的にこのアニメのOPとEDの曲がとっても好きなので動画を上げておきました!よろしければ、是非見てくださいね。(#^.^#)

 


 

ブラックブレッドOP fripSide/Black Bullet


ブラックブレッドED やなぎなぎ/トコハナ

それでは今日はこのへんで

また別の記事でお会いしましょう(#^.^#)

 

 

駄文失礼いたしました∧_∧

 

31日間無料!
途中でやめても料金は一切
掛りませんのでおすすめです。
 

 

売れ筋関連商品は
こちらから 

  

【特典付】『ブラック・ブレット』藍原延珠~天誅ガールズVer.~ 1/7 PVCフィギュア

価格:12,100円
(2020/3/1 20:55時点)
感想(0件)